わたしのマルチなダイアリーVer2.0

趣味あれこれな私 アマチュア無線、エレキギター、D.I.Y~etc なんでもチャレンジ 努力は裏切らないと日々向上心をもって楽しんでいます

2019年02月

 《私のプレイテック/ST250》

 チューニングが甘いといってもそうそう狂いません
やや合わせにくいだけでストレスにはなりませんね

 とりあえず50センチ定規を当ててネックの反りを確認
●順反りなら真ん中に隙間
●逆反りなら両側が定規から離れる
 目視でもできるだろうけど自信ない
まぁ弾いてて音が詰まらないからいいとは思いますが?
 只今、粗探し中~・・・御免~~~~~(斬り捨て御免)
イメージ 2

 とりあえず指板にオレンジオイルを塗ります(擦り込みます)
メイプル指板と違いクリアコーティングされてない為ひび割れ対策
保湿効果?人間の肌と同じでデリケートなのです
・・・って他のギターも思い出したかのように手入れ~(^^)
イメージ 1

・・・気になっていたエレキギターがあります
サウンドハウスから発売されているストラトキャスタータイプギター
初期型(発売当初)から10年以上になるのでしょうか?
ST250という型番
思い切って購入してみました
改造&勉強用と割り切ります
どんな作りしてんだ?という興味ありと・・・
なぜなら私が知る限り国内最安値!(新品)\7480/税抜
●高価なギターにきりはない
●安価なギターに限界あり
後者選択は度胸だめし!

元祖フェンダーではあまりないカラー
ソニックブルー
指板はローズ
イメージ 3

 ネックジョイントは綺麗ですね
センターずれはありませんね
この価格ですトレモロは安定しないと思うので使いません
イメージ 2

裏蓋開けてみます、パカッ
イメージ 4

 多くのレビュー通りやや甘いペグ
別に使えないというわけではないが
みんな交換するわけ納得
 このロゴがダサいという人も少なくないようで剥がす人も案外いるみたい
ですがプレラト(通称)ギターで素晴らしい音だと言われたいのでこのままキーーーーープ!イメージ 1

※発売当初は¥5980/税抜
・・・ですが個体差ありでやや作りがいい加減なものも~
一度販売中止になり再度発売らしい
ユーザーの声もあり見直されたのでしょうね
最近のレビューは最高ですと評価も高い!
 企業努力のサウンドハウス私は好感もてますね
買ってよかった!

 チューニングの狂いは致命的です
ついにゴトー製に交換はクルーソンタイプ

 ギターペグ穴10mmに対しコンバージョンブッシュ10mm
ですが綺麗にはまりすぎるためやや緩い、ボンド少量塗布にて密着度を高めます
塗布後5~10分してからブッシュを押し込みます
 ボンドが垂れてしまう可能性もあるのでマスキングを貼っておきます
イメージ 4
 
 ネジ止め前に位置決めの為揃えます
定規でも何でもいいと思いますが・・・
イメージ 3

かっこいいですね?!
イメージ 2
 
裏面です
イメージ 1

 今朝はパン食です・・・ほぼ毎日だけど
昨日買いました
 食べてみました
期待してた『しょっぱさ』(辛さ)ないなぁ~
え、そういうパンじゃないの?
イメージ 1

 ウィスキーは最近はバーボンよりスコッチが好きかな~
ロックもいいけど炭酸ハイボールで楽しみ事が多いかな
炭酸も最近は強炭酸など豊富ですね
 なのでサイダーなる甘いものは飲まなくなりました
たまに飲むと甘ったるい~~~
砂糖なしの純粋な炭酸が好みになりましたね
イメージ 1

↑このページのトップヘ